ペーパードライバーにおすすめの練習方法

ペーパードライバーを脱出したいと考えている人も多いのではないでしょうか。せっかく運転免許を持っているのに運転ができないと、生活に不便な面も生まれます。そんなペーパードライバーにおすすめの練習方法として、まず教習所で練習するということが挙げられます。教習所は免許を取得するだけの場所ではありません。教習所を卒業したあとも、専用の講習を申し込めば、教官に助手席に乗ってもらって公道を走ることが可能です。そのため、一人で公道を走るのが怖いという人や、忘れてしまった技術や感覚を取り戻したいという人におすすめです。また、身近に運転経験が豊富な人がいる場合は、その人に頼んで助手席に乗ってもらい、公道を運転するのも良いでしょう。いずれにせよ、最初は一人で運転するよりも、誰かに同乗してもらうことがおすすめです。

運転するのにおすすめの場所と時間帯は?

ペーパードライバーの練習に適している場所は、交通量や人通りが少ない道路です。運転に慣れていないのに昼間の交通量も通行人も多い道路へ行くと、ふとした時にパニックになってしまう可能性があります。そのため最初は道が広く、交通量が少ない場所を探して、ゆっくりの速度でいいので車の運転に慣れるようにしましょう。そしていきなり公道に出るのが怖いという人は、自分がよく知っている道を走るようにすると良いです。例えば普段よく歩く道や、家の近所など、どこに何があるかわかっているだけでも、安心して運転することができます。そして、昼間よりも夜間のほうが交通量や人通りが少ないことが多いです。しかしやはり辺りが明るいほうが運転はしやすいので、出来る限り昼間のうちに運転することがおすすめです。

スムーズな運転のためには駐車も大切

ペーパードライバーを克服したいと考えた時に多くの人が練習するのが駐車ではないでしょうか。車を運転する以上、どこに行っても必要なのが駐車です。しかし、この駐車につまずく人も多く、特にバックで車を入れることができないという人もいます。克服のためには、まず広い駐車場でひたすら実践してみて、感覚を掴むことが大切です。何度も行っているうちに、何となくどこでハンドルを切れば良いのかがわかってきます。周りに車が無い場所で行うと、他の車を傷つける心配も無く、安心です。さらに少し慣れてきたら、隣に車が止まっている場所へ駐車してみると良いです。サイドミラーをしっかりと見て、ゆっくりで良いので車を止めるようにして成功すると、少しずつですが自信がついてきます。何度も繰り返し行うことが大切です。